乗車できる人数が少ないんです

| 未分類 |

乗車人数は車の種類によって異なることはご存知でしょう。ワンボックスカーで大人が最大7人、4ドアセダンタイプなら大人5人、軽カーであれば大人4人であることは一般的でしょう。
では2ドアクーペタイプではどうでしょう。居住性を無視すれば大人4人は何とか乗れますが、後部座席に乗った人は長距離移動であった場合、相当疲れることが予想されます。あくまで大人2人が運手席と助手席で優雅にドライブすることを目的とした設計になっているのです。
さらに乗員できる人数が少ないものに、エンジンをミッドマウント(後輪上部にエンジンを配置したレイアウト)したミッドシップと呼ばれるタイプのものです。この構造は運転手の背中にエンジンがあるため、2シーター設計となっております。しかもリクライニングが殆どできないので、本当にレーシングカーをイメージしたコンセプトで設計されたと言っても良いでしょう。
国産ではトヨタのMR-2やMR-S、ホンダのビートなどがありましたが、現在では販売終了しており、ホンダの軽S660のみとなってしまいました。スーパーカーと呼ばれたものもかつてのミッドシップカーも2人乗りで、現在もランボルギーニ、フェラーリなどは販売を続けております。