ユーザー車検の内容について

| 未分類 |

自動車を所有するにはそれなりの維持費が必要となります。自動車税や駐車場代、ガソリン代に各パーツの交換費用やメンテナンス費用など。そのうちのひとつが車検です。自家用車の場合は新車であれば3年、それ以外ですと2年毎に受けなければ行動を走ることが出来ません。そこで少しでも費用を抑えるために、ユーザー車検があります。簡単に説明すると、自動車を購入したお店やディーラーに車検を頼むのではなく、自分で陸運局に車両を持ち込み車検を受けることです。そうすることで自動車を購入したお店やディーラーに支払う車検代、考えようによってはマージンを節約することができるのです。車検代を抑えることができる反面、自動車の装備について少し致死息を得ないといけません。ヘッドライトの光軸やウィンカーの1分間の点滅回数など、事細かに決められた点検項目を全てクリアしなければならず、その全てのメンテナンスを事前に自分で行った上で車検に持ち込まなければならないのです。また、地方によっても車検の判断基準が異なったり、曖昧だったりします。ですので何度か経験し、コツをつかむ必要があったり経験者からの情報収集が必要となったりしますが、費用を抑える面では有効な手段といえます。