車検が通らない事例と原因例

| 未分類 |

車検が通らない車とは、車検で行うチェック項目で違反や不備があった場合です。具体的には、様々な理由がありますが、主には以下のようなものです。「フロントガラスにヒビが入っている」「ヘッドライトなどのランプ類にヒビが入ったり曇ったり、へこみ、ガタツキなどの不具合がある」「マフラーが破けている」「運転席のフロントガラスとサイドガラスにフィルムやシールなどが貼ってあり、視界が確保できない」「車高が規定値よりも低いといったボディの形状が車検証と著しく違う」「ホイールの破損」「スピードメーターの不具合や故障」「エンジンルーム内にオイル漏れなどの問題がある」「8人乗りの車でありながら、最後部のシートがないなどの改造が行われている」「ウインカーの不具合や故障、破損」「ハザード・ヘッドライト・スモールライトなどが点灯しない」「バックギアに入れた時にバックライトが点灯しない」「ブレーキを入れてもブレーキランプが点灯しない」「ウォッシャー液が出ないなどの不具合」「ホーンが鳴らない、大きすぎる、小さすぎる」「シートベルト警告灯が点かない」など、このようなことがあれば、車検に通らない可能性が高くなります。すべて運転者と搭乗者、また道路を使用している多くの人々の安全性の確保には、必ず必要なものです。それが担保できている車に乗っているかというのを確認するのが、車検が行われる意味です。