» 未分類のブログ記事

乗車できる人数が少ないんです

| 未分類 |

乗車人数は車の種類によって異なることはご存知でしょう。ワンボックスカーで大人が最大7人、4ドアセダンタイプなら大人5人、軽カーであれば大人4人であることは一般的でしょう。
では2ドアクーペタイプではどうでしょう。居住性を無視すれば大人4人は何とか乗れますが、後部座席に乗った人は長距離移動であった場合、相当疲れることが予想されます。あくまで大人2人が運手席と助手席で優雅にドライブすることを目的とした設計になっているのです。
さらに乗員できる人数が少ないものに、エンジンをミッドマウント(後輪上部にエンジンを配置したレイアウト)したミッドシップと呼ばれるタイプのものです。この構造は運転手の背中にエンジンがあるため、2シーター設計となっております。しかもリクライニングが殆どできないので、本当にレーシングカーをイメージしたコンセプトで設計されたと言っても良いでしょう。
国産ではトヨタのMR-2やMR-S、ホンダのビートなどがありましたが、現在では販売終了しており、ホンダの軽S660のみとなってしまいました。スーパーカーと呼ばれたものもかつてのミッドシップカーも2人乗りで、現在もランボルギーニ、フェラーリなどは販売を続けております。

「ピックアップトラック」は、日本ではあまり一般的ではないものの、アメリカや新興国では高い人気を誇るクルマです。ピックアップトラックは、エンジンをフロントのボンネット部分に収納し、キャビンの部分を独立させることで荷台部分を広く確保しています。ピックアップトラックはあくまで荷物の運搬を目的としているため、居住スペースはあまり広く取られておらず、大人数が乗るのには向いていません。また、現在購入出来るピックアップトラックは全てアメリカや新興国などで販売されているため、サイズが大きく日本の狭い道路事情にそぐわないのも難点です。特に、狭い道路が多い都市部ではピックアップトラックを所有するのは至難の業と言えるでしょう。また、乗り心地に関してもあくまで荷物の運搬を目的としているため、高出力で振動が大きく、お世辞にも良いとは言えません。また、全く荷物を載せていない状態でも高い出力を発揮するため、一般的なクルマに比べて燃費が大きく劣ります。そんなピックアップトラックですが、国内で販売されていないこと、「トラック」という名称でありながらSUV並みの豪華装備が搭載されていることなどから、一部の人には高い人気を誇るクルマでもあります。

ピックアップトラックは人も軽トラックに比べて乗ることができる人数も多く、荷台となる部分も非常に大きいという長所があります。ただし荷台となる部分が外気に触れるようになっているので、雨の日には荷台に荷物を積むことが難しくなります。雨や雪に濡れても大丈夫な荷物ならいいのですが、水分に弱い物となるとそのまま雨ざらしで走行することはできません。
小さな荷物で乗っている人数も少ない場合は、乗車部分に置くことも可能です。スーパーでの買い物程度ならこれで十分とも言えます。しかし大きな荷物で雨に濡れたらいけない物はやはりピックアップトラックでは痛んでしまう可能性があります。
水滴から荷物を守るためにカバーも別売りであるので、それである程度は荷物の痛みを防ぐことは可能です。ただやはり車内のように完全に一滴も防ぐことは不可能なので、やはり水分に弱い物は荷台に乗せて走行することはやめた方がいいでしょう。
沢山の荷物が積むことができるというメリットがデメリットの面も併せ持つのがピックアップトラックの特徴とも言えます。どうしても車外に荷物を積載するので雨や雪と言った天候の変化による荷物の痛みの心配があることは否めません。

ピックアップの弱み

| 未分類 |

アメリカ映画では郊外に住む人はもちろん、都市部に住む人でもピックアップトラックに乗っている場面をよく見ます。ピックアップトラックはアメリカでは日本と違ってごく一般的な車種と言えそうです。日本では最近でこそSUVのようなオフロードタイプも普及していますがピックアップトラックは国産では見かけません。日本国内においてはピックアップは便利と言うより弱点が多いタイプだと言えます。そもそもピックアップトラックはアメリカにおいて荷物を運べるオフロードという位置づけです。農家や工事関係自営業者には必須です。しかし日本ではより荷物を多く積めるボンネットがないトラックが主流となりましたし、オフロードや広い農地を走る機会もあまりありません。ピックアップトラックは日本のトラックほど多くの荷物は積めなく、燃費も悪いという事実があります。また、サイズが大きいため一般的なパーキングエリアや立体パーキングには停められないという不便さもあります。アメリカの広い風土と環境だからこそ性能を発揮できるのであって日本国内においては交通事情に合わないと言えるかもしれません。従ってオフロードやアウトドア用の趣味の為に購入する人が多いのです。

ピックアップトラックは商業用に最適です。荷物も積めますし、人を運ぶこともできます。車体が大きいので安定感もあり非常に使い勝手のいいトラックです。荷台部分はゆったりと広いので、荷物や商品等思う存分積載することができます。この積載量が多いのは商業用としてはかなり大きなメリットと言えます。また荷台部分にはカバーを取り付けることで雨の心配もなくなるので、商業用としての使い勝手は抜群となります。
日本では現在基本的に販売されていない車種になるので、ピックアップトラックを運転していると非常に目立ちます。目立つということはボディに自社のロゴやマークや社名を入れて走行することで、それだけで抜群の宣伝効果があります。走行しているだけでの宣伝というのは費用対効果の面でも優れものと言っていいでしょう。ピックアップトラックを運転して得意先に赴けば、その珍しい車種の話をきっかけに商談が弾むこともあり得ることです。
商業用の自動車としては積載量も多くて、宣伝効果もあるといういくつものメリットを持つ上に使い勝手が良いこのピックアップトラックを使わない手はないですね。商業用の車としてあらゆる場面できっと活躍してくれるはずです。

家族でキャンプに出かけたり、引越し代の節約のために自分で家電製品や家具を運ぶような時など、大きな荷物をたくさん積んでいくようなシーンで便利なのがピックアップです。
ピックアップは前面部は一般自動車と同じようなスタイルをしていますが、後部はトラックのような荷台というつくりになっています。
そのため、屋根の高さを気にすることなくなんでも自由に積むことが出来るのです。
またそうした仕様であるため、一般自動車に比べて重たいものを運べるように頑丈な作りになっているのも特徴です。
ピックアップの車種にもよりますが、荷物を積み下ろす際に車の一部分を付け外しすることで荷台部分を大きく開閉できるようになっているものもあり、積み下ろしを楽に行えることも魅力的です。
より大きな荷物の場合は、フォークリフトなどを利用することで楽に移動させることも可能でしょう。これも荷台部分が大きく開閉できるために出来ることです。
ただし、安全に利用するためには荷台部分から載せた物が走行中に落ちてしまわないようにロープなどでしっかり固定をしておくことです。
この点に気をつければ、ピックアップはトラックほどではないとしても、荷物を楽に積み下ろしが出来る魅力的な車なのです。

ピックアップとは、ボンネット型のトラックのことを指します。ピックアップトラックと呼ばれることもあります。日本の自動車メーカーでは生産されていないため、あまり日本では見る機会がないかもしれませんが、アメリカなどでは人気があります。ピックアップの強みとしては、大荷物でも楽に積めてしまうということです。荷物を積む部分に屋根がないため、ミニバンやワゴンなどではつむことができない長尺なものや大きな荷物でも積むことができ、積み下ろしも簡単にできます。荷物を積むことが最優先にされているため、キャビンの快適さについてはあまり重視はされておらず、乗車できる人数も少ないため主に商業用に使われることが多い車ですが、オリジナリティを求める人などからは支持を集めています。他の人とかぶりたくない、自分の個性を出したい、ワイルドさをアピールしたいというような人に、ピックアップは選ばれています。アウトドアやレジャーなど、どうしても荷物が多くなりがちな場面では特に活躍するでしょう。欠点としては、雨天など天候によっては荷物に損傷をもたらす可能性があります。これは、ビニールシートで荷物を覆うなどして防ぐことができるでしょう。

一部マニアに高い人気を誇る

| 未分類 |

車種の中にはピックアップに分類されているものがあり、一部のマニアの間では非常に高い人気を誇っています。ピックアップとはボンネットを有する乗用車になりますが、大きな特徴は後部の荷台部分がトラックのように平ボディタイプに仕上がっていることになります。海外では比較的古い時代から発表されてきたボディ形状になりますが、国内では珍しい形状に分類することもでき、国産としてのピックアップも存在しているのですが、多くのマニアは海外のピックアップを好む傾向にあります。荷台が付いているタイプでは一般的なトラックがあり、比較されることがありますが、ピックアップの場合ではキャビン部分が非常に充実していることを挙げられ、2ドア車の場合ではベンチシートに設定されているものも高い人気を誇っています。現在では4ドアに設定されているタイプも人気を得ていて、ロングノーズとして比較的大きくて長いボンネットを有していることも特徴です。このタイプの車種では古い時代に製造されたものでもマニアの間では高評価を得ているものがありますが、新しいタイプの場合では改造用のパーツが多く出回っていることもあり、ドレスアップを施した上で運転を行う方も多い傾向にあります。

ピックアップの強み

| 未分類 |

ピックアップとは後部が荷台になっているタイプのものを指します。通称ピックアップトラックなどと呼ばれていますが、このピックアップトラックの最大のメリットとは何といっても積載力があるということ。後方が荷台になっているので、大型の特殊工具を使用する建築現場などではもちろん、サーフィンやスノーボード、モトクロスなどのアウトドアスポーツを趣味としている人からも重宝されています。また、後部は荷台のため、何も積載していない場合は、通常の車両よりも軽量であるため、思っていたよりも燃費が悪くない、と感じる人も少なくありません。そして積載スペースと運転席が分かれているため、走行中に荷崩れなどを起こしても、運転手への影響が少ないのもメリットと言えます。また、現在では荷物を積載しなくても、カスタムカーとしても重宝されています。もともと日本ではそれほど需要がなく、アメリカが本場のピックアップトラック。ワイルドで男らしい風格は男性を中心に人気を博しています。その反面デメリットもあります。後方が荷台であるということは乗員数も少なくなってしまいます。また、シートがリクライニングできなかったりと、不便が生じてしまいますのでピックアップを購入するのであればそういったメリット、デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

犬12

ピックアップトラックとは、クローズドのキャビンの後ろに開放式の荷台を持つ車のことです。ピックアップトラックの本場はアメリカで、その人気の趨勢は日本、ヨーロッパとは大きく違います。アメリカにおいてもかつては主に農作業で使われていたピックアップトラックですが、近年、特に若者がファッションやステイタスとして乗るケースが多く、また州によっては非課税か割安になることも相まって確固たるシェアとともに人気を博しています。実際、アメリカにおける用途上のシェアは、商業用が20%に留まるのに対し、レジャー・個人用のシェアは80%と圧倒的に上回っています。人気の理由は、それを元にSUVが派生したことでも窺い知ることができます。また紛争地域やアジアの一部地域では荷台に複数の人を載せて走ることが日常的に見られます。片や日本の場合はピックアップトラックは人気がありません。文化の違いもありますし、気候の違いもあるでしょう。乗り心地や燃費もいいとは言えません。よって国内でのユーザーは極少数に限られています。大工さんや職人さんの仕事用途、運搬用途としては使用範疇に入るような気もしますが、それらの用途なら軽トラを使う人の方が多いのが現状です。コアな使い方としては、荷台を利用してキャンピングカー、トランスポーターに改造している例もあります。