ピックアップトラックは人も軽トラックに比べて乗ることができる人数も多く、荷台となる部分も非常に大きいという長所があります。ただし荷台となる部分が外気に触れるようになっているので、雨の日には荷台に荷物を積むことが難しくなります。雨や雪に濡れても大丈夫な荷物ならいいのですが、水分に弱い物となるとそのまま雨ざらしで走行することはできません。
小さな荷物で乗っている人数も少ない場合は、乗車部分に置くことも可能です。スーパーでの買い物程度ならこれで十分とも言えます。しかし大きな荷物で雨に濡れたらいけない物はやはりピックアップトラックでは痛んでしまう可能性があります。
水滴から荷物を守るためにカバーも別売りであるので、それである程度は荷物の痛みを防ぐことは可能です。ただやはり車内のように完全に一滴も防ぐことは不可能なので、やはり水分に弱い物は荷台に乗せて走行することはやめた方がいいでしょう。
沢山の荷物が積むことができるというメリットがデメリットの面も併せ持つのがピックアップトラックの特徴とも言えます。どうしても車外に荷物を積載するので雨や雪と言った天候の変化による荷物の痛みの心配があることは否めません。